日本アーツは、「途絶えない感動創り」を目指します。日本アーツは、「途絶えない感動創り」を目指します。

1955年(昭和30年)の個人創業以来、当社が変わらず掲げているのが「お客様第一主義」の経営信条です。
お客様の目線で考え、課題を明確にして、新しい提案でお客様の感動を獲得していく。

私たちの事業は、ユーザーの価値観や企業環境の変化に合わせ、またメディアインフラの進化に即して新たな機能や技術を取り入れ、提案活動の幅を広げてきました。創業時からの印刷物製造に始まり、プランニング・クリエイティブ機能、映像やITコンテンツの制作、スペースデザインやイベントプロモーション、さらにはブランディング戦略の構築、事業開発や商品開発のサポートといったマーケティングに基づいた、幅広い活動を行っています。

また次代へ向けた中長期戦略として「ATS Vプラン2025」に取り組んでおります。
これは、大阪・関西万博が予定される2025年をゴールに、A:アーツ・T:テクノロジー・S:スパイラルとして、ニーズと技術のスパイラルで未来を拓くことを目標に、新技術の開発や、技術力のある企業様とのパートナーシップにより、世の中の多くの人に必要とされる、独自性の高い事業、商品と、それを通した感動創りを目指しております。

さらに時代の変化、お客様の環境や取り組みも今までに無いスピードで変わっていることに対し、私たちも変革力、事業開発力を一層スピートアップするとともに世界的な要請としてのSDGsの開発目標達成に取り組むことで、サステナブルな社会の実現にも貢献して参ります。

このような活動と目標を通じて、お客様にとって最も効果的な課題解決や、新しいチャレンジをお手伝いすること、課題を通じて共に成長する真のパートナーへ。 日本アーツはお客様と一緒になって悩み、全力で取組み、満足を超えた「感動」をお届けしたい。
それこそが求められる真のパートナーだと考えます。

取締役社長 谷 正央